Minecraft Modパック探索記

MinecraftのModパックを攻略していきます。

【Minecraft】#4 竜の頭と拠点強化【Ultimate Alchemy】

今回は今後のBotaniaやThaumcraft、そして最終目標の核となるDraconic Evolutionに備えて拠点を強化していきます。

今後の目標について

拠点を強化する前に、今後の拠点に何が必要であるかを確認します。
Ultimate Alchemyにおける最終目標は粘土をクラフトすることであり、クラフトのためにはDraconic EvolutionのFusion Craftingが必要でした。Draconic Evolutionを開始するためには、Draconium Ingotとエネルギーが大量に必要です。


前々回の記事でエネルギー供給に関してはクリアしています。一方、Draconium Ingotの作成にはImmersive EngineeringのMetal Pressと、バニラの「ドラゴンの頭」が必要になります。
通常であればエンドシップで入手するドラゴンの頭ですが、残念ながらエンドに行く手段はすべて封じられており行くことはできません。

そのため、ドラゴンの頭はThaumcraftのInfusion Craftingでクラフトすることになります。


見慣れないアイテムが大量に出てきました。この13個のアイテムをクラフトし、ドラゴンの頭を作成することが今後の目標となります。それぞれのアイテムの作成方法ですが、クラフトするタイミングで解説したいと思います。

拠点を強化する

①基本資源の自動化を完成させる



まずは砂利や砂、レッドストーンダスト等を自動化します。Ender ChestとEnder Tankのコストが大幅に下がっているため、積極的に使うことができます。

2019-04-22_16.25.26

Thermal ExpansionのFractionating Stillを使用すると、Molten Ironを1:1の効率でMolten Nickelに変換できます。変換速度は非常に遅いので、気になる方はアップグレードを積んでおきましょう。ここでは後々必要になるNickel Oreを量産しておきます。


ここまでくればThermal Expansionの機械の大半を作成することができます。特に使用頻度の高いPulverizerやMagma Crucible等は、強化して使いやすい位置に設置しておきましょう。

②ラピスラズリ生産ラインを組む

ここまで基本資源の生産と設備を強化したことにより、今まで生産できなかったラピスラズリの生産が可能になりました。ラピスラズリの生産は、水からEssence of Slightly Blueを作成、Essenceを徐々に濃くして磨かれた閃緑岩(白い岩のことです)に注入するレシピです。これは要求量の割にレシピが複雑なため、思い切って専用の生産ラインを組むことをお勧めします。



最初に、Refined StorageのRaw Advanced Processorに使用した、Statue of "The Thinker"を溶かしてEssence of Knowledgeに加工します。Essence of Knowledgeと、ネザーラック等を粉砕した際に出るSulfurを組み合わせてブレイズパウダーを作成します。


レシピ改変により、ブレイズパウダーから醸造台がクラフトできるようになっています。
醸造台を材料にAlchemical Imbuerを3台、Fractionating Stillを3台、Fluid Transposerを1台、Igneous Extruderを1台、適当な自動作業台を1台用意しましょう。
これでようやくラピスラズリ生産ラインの機材が揃いました。


左端から順にImbuer Imbuer Still Still Imbuer Still Transporter Crafter Extruderと設置します。生産したラピスラズリは初めの方の生産工程で再利用するため、背面に配管用スペースを空けています。

また、左から5番目のImbuerにはPulverized Goldを搬入する必要があるため、向きを反転させています。


呼び水としてBotaniaのFloral Blue Powderをセットします。


無事にラピスラズリが生産されました!
このラピスラズリはBotaniaのTerrestrial Agglomeration Plateやダイヤモンドの中間素材として使用されます。


思いの外ラピスラズリの量産に時間がかかってしまいました。次回はImmersive EngineeringとEnder IOに触れながら、基本資源であるダイヤモンドをクラフトしたいと思います。

Sponsor Link

【Minecraft】#3 土と農業とBotania【Ultimate Alchemy】

今回は、土を生産して農業、Botaniaを開始します。

土づくり

skyblock系のModパックではBarrelで容易に増やすことのできる土ですが、Ultimate Alchemyでは少し手間をかけて作る必要があります。
最初の土をクラフトするルートは大きく分けてForestry系とThermal Expansion系の2つですが、今回はThermal Expansionを中心としたレシピで作成します。

①Pulped Biomassを作成


土をクラフトするためにはPulped BiomassとSlagが必要になります。Pulped Biomassは、Thermal ExpansionのSawmillで苗木またはツタを粉砕することで入手できます。
苗木を粉砕する方が少しお得です。


Slagを手に入れる

続いて、Slagを手に入れるため設備を作成します。SlagはThermal ExpansionのものとImmersive Engineeringのものの2種類が利用できます。Immersive EngineeringのSlagを作るルートはやや複雑なため、今回はThermal ExpansionのInduction Smelterを利用します。最終的に両方の設備が必要になるため、先にBlast Furnaceを建造してもいいかもしれません。



Induction Smelterの作成には、Invarが必要です。Invarは鉄とNickelを2:1の割合で混ぜて作成する合金であり、作成にはNickelを用意する必要があります。鉄鉱石をPulverizerで粉砕すると確率でNickelの粉を入手できるので、地道に粉砕していきます。
Nickelをより効率よく得られる方法は別にあるので、生産ラインを組む必要はありません。


Induction Smelterが完成したら、適当な金属製品を精錬してSlagを手に入れます。


完成です!

農業を始める



農業を始めるためには作物の種が必要です。葉ブロックからCompostを作成し、Carpenterで草ブロックにクラフトします。Compostは骨粉にも使用するので、多めに生産しておきましょう。


次にBog Earthを作成し水源か水流から2ブロック以内の場所に設置します。しばらく時間が経つとBog Earthは黒く変色し、破壊時にPeatと土をドロップするようになります。かなり時間がかかるため、Acceleration Wandで加速します。



骨粉を手に入れたら、もうひと手間かけて増やします。
骨粉をThermal ExpansionのEnergetic Infuserにかけると、ForestryのApatiteに変化します。これは砂とクラフトすることでFertilizerになり、骨粉を実質8倍に増やすことができます。


このModパックでは、草からサトウキビやサボテン等が出現します。特に、黒い種子であるMiniature Void Seedsは今後使うので、取りこぼさないように気を付けてください。
上のスクリーンショットは1スタックのFertilizerから得られる種子の目安です。


収穫、成長促進はMechanical UserとAcceleration Wandを、作物の回収にはActually AdditionsのRanged Collectorを使用します。農業系機械だけを使用する場合と比べて省スペース・高収量・動力不要ですが、処理が重いため常時稼働には向いていません。

Botaniaを途中まで進める

農業の自動化がすんだので、いよいよBotaniaに取り掛かります。


Floral Fertilizerの作成には、骨粉と任意の色のFloral Powderが必要になります。Ultimate Alchemyではバニラの花からも作成できるので、いくつか作成しておきます。
Floral Fertilizerはバニラ染料からは作成出来ないので注意してください。



まずは花びらを量産し、Pure Daisyを作成します。クラフトに要求される種子は小麦以外でもOKですが、Red OrChidのような特殊なものは使えないようです。


マナ生産にはEndoflameを採用します。マナ生産効率の高い花は他にもありますが、安全性と扱いやすさは魅力です。


次回はBotaniaの進行を一旦止めて、拠点の強化を行いたいと思います。

Sponsor Link

【Minecraft】#2 Refined Storageに手をつける【Ultimate Alchemy】

今回は、Refined Storageを用いた倉庫を使えるようにします。
RS倉庫
ModパックUltimate Alchemyでは、主に3種類の中間素材がRefined Storageに要求されます。Silicon、Processor Binding、Quartz Enriched Ironです。

エネルギーの確保


中間素材の獲得や倉庫の起動にはエネルギーが必要になります。
今回は、Extra Utilities 2のSurvival Generatorを採用することにします。


Survival Generatorは、発電量が5RF/tと少ない代わりに燃費の良い発電機です。この環境ではMechanical User+Acceleration Wandによって強引に加速・発電速度を引き上げることができるため、最後までSurvival Generatorでごり押すことができます。

*注意*
Mechanical Userを複数台連結させることで、指数関数的に機械の速度を引き上げることができますが、多く連結させすぎるとワールドが重くなる原因になります。
また、Mechanical Userを向かい合わせになるように設置した後に、Acceleration Wandを使用させると、Mechanical User同士が無限に加速させ合いワールドがクラッシュします。取り扱いには十分に気を付けてください。

中間素材を作成する


①無限水源の作成


まずForestryのSqueezerを作成し、原木を絞って水を生成します。
エンドポータル付近のIce Pillarを氷に変換して水源を作ってもいいのですが、今後もSqueezerは使うためここで作成しておきます。

②苗木の作成



ForestryのCarpenterを使って、棒2本から苗木を作成します。苗木を粉砕機で処理することでツタが、ツタ3つをクラフトすることで糸が作成できます。糸とツタを組み合わせることでようやくProcessor Bindingが作成できます。

③Alloy Kilnを建造する



Quartz Enriched Ironを作るために、Immersive EngineeringのAlloy Kilnを建造します。Alloy Kilnの左下にあるブロックは、この環境では何故かAcceleration Wandの加速が通用するようです。

④Pulverizerの作成




Refined StorageのSiliconは、ネザークォーツを製錬するか砂を粉砕することで入手できます。ネザークォーツを入手するためにはbotaniaを進める必要があるため、今回はThermal ExpansionのPulverizerで作成します。



これで主要な中間素材が揃ったので、Refined Storageの倉庫を組み立てました。容量は64Kもあれば最後まで不足することはないです。

次回は土をクラフトして農業とBotaniaを進めていきたいと思います。

Sponsor Link

【Minecraft】#1 基本資源を作る【Ultimate Alchemy】

今回から【Ultimate Alchemy】というModパックを遊んでいきます。
Minecraft本体のバージョンは1.12.2、Modパックのバージョンは0.1.0になります。

このModパックでは「敵が自然にスポーンしない」「満腹度が自動で回復する」「最初からクリエ飛行ができる」といった改変がなされており、他のskyblockと比べて難易度が低くなっています。
また、鉄やレッドストーンダストなどの基本資源はふるいを使わず独特なレシピで生産していくことになります。

worldmaking

早速ワールドを作成。【Create From Template】から【AlchemyWorld】を選択します。

ワールドに入る

stone_log

ワールド左右にある島は、原木と丸石の無限Item Barrelが置いてあります。
最初から原木も丸石も使い放題です。

中央のエンドポータルは最終目標である粘土を作ることで開通します。そのレシピがこちら。
粘土本体よりも、Chaotic Tierのインジェクターを作る方が難しそうです。

基本資源の生産

①作業台レシピ


砂利・砂利・レッドストーン・グロウストーン・ExU2のEnder Shardは、作業台での不定形レシピによって生産できます。
※上の画像は編集したレシピ一覧です

②かまどレシピ


圧縮した丸石・砂利・砂を製錬することで、それぞれ鉄・錫・銅インゴットをクラフトできます。
※上の画像は編集したレシピ一覧です


また、木炭と黒曜石、バケツでクラフトできるBucket of Lava Ingredientsは、製錬することで溶岩入りバケツにできます。

③乾式製錬炉レシピ


粘土が使えないため、Groutのレシピが少し簡単になっています。




錫とグロウストーンダストを1:1で金、鉄とガラスブロックを1:1で銀、鉄と黒曜石を1:2で鉛を生産できます。


次回は資材を保管する倉庫を作っていきたいと思います。

Sponsor Link

初めまして。

初めまして。羽付きかたつむりと申します。

このブログは、MinecraftのModパックをプレイするブログです。
初心者ではありますが、少しでも皆様の攻略の助けになればと思います。



2019年5月2日追記:Modパック【Ultimate Alchemy】の攻略が完結しました。

2019年6月1日追記:Modパック【Stoneblock2】の攻略が完結しました。
2019年9月24日追記:Modパック【SkyFactory 4】の攻略が完結しました。

記事検索
スポンサーリンク