時代と共に成長するModパック【SevTech: Ages】を攻略していきます。

_ (2035)

前回は【Extra Planets】の天王星と海王星を突破したところまで進めました。今回はSevTech: Ages最後の試練であるクリエイティブアイテム作成に挑むべく、【Mystical Agriculture】で様々な資源の生産を開始します。

Mystical Agricultureでの生産を開始する

今後の攻略では、資源を無限に生産できる【Mystical Agriculture】の力を最大まで引き出す必要があり、そのためには【Prosperity Shard】を作成しなければなりません。

SevTech: Agesでは、【Prosperity Shard】を作成するためには【Zinc Ingot】を【Actually Additions】の上位施設【Empowerer】で加工する必要があります。

①Prosperity ShardとInfusion Crystalを作成する

_ (2032)

最初に【Atomic Reconstructor】でレッドストーンパウダー、クォーツブロック、模様入りのクォーツブロックを変換します。

_ (2033)

次に、【Display Stand】4個と【Empowerer】1個を作成します。【Empowerer】は【Display Stand】から作成するため、各クォーツブロックは15個ずつ必要です。

_ (2035)

続いて、【Empowerer】から2ブロック分離して【Display Stand】を東西南北の方角に設置します。エネルギーは【Empowerer】ではなく【Display Stand】に供給するよう配線して下さい。

配線が終わったら、プリズマリンの欠片を中央に、【Jupiter Tin Ore】【Neptune Zinc Ore】【Eye of Galgador】【Inferium Essence】を4隅に設置します。

_ (2036)

少し待つと、プリズマリンの欠片が【Prosperity Shard】に加工されます。
これで、進捗【Prosperity Shard】も達成できました。

_ (2037)

【Prosperity Shard】が完成したら、先ずは【Infusion Crystal】を作成しましょう。このアイテムを使うことで、各種エッセンス4個を上位エッセンスに変換することができます。ダイヤモンドをはじめとした上位アイテムの生産には相応のエッセンスが必要になるため、今後の攻略では必須です。また、強化したエッセンスは単体クラフトで一つ下位のエッセンス4つに戻せることを覚えておきましょう。

_ (2038)

また、【Infusion Crystal】は合計で1000回クラフトすると消滅してしまいます。上位互換として、何度クラフトしても壊れない【Master Infusion Crystal】があるため、エッセンスに余裕が出てきたら作成しておきます。

②アイテムを複製する

ここからは、【Mystical Agriculture】のアイテム複製方法を紹介します。過去の記事をご覧になっている方や既に使用方法をご存知の方は、この項目を読み飛ばして頂いても構いません。

_ (2040)

【Mystical Agriculture】を使ってアイテムを複製するためには、先ずは中間素材となる【Crafting Seed】を作る必要があります。このアイテムは地面に植えることができません

_ (2041)

素材である【Crafting Seed】にはTierが存在し、アイテムによって要求されるTierは異なります。例えば、石系アイテムを生産できる【Stone Seeds】であれば【Tier 1 Crafting Seed】と【Inferium Essence】が必要です。

_ (2042)

完成した各作物の種は、通常の作物と同じように畑で育てることができます。ただし、骨粉による成長促進は効かず、代わりに【Fertilized Essence】を使うことで成長促進が可能です。【Watering Can】や【Cyclic】の【Sprinkler】といったアイテムも効果を発揮するため、それらを用いても良いでしょう。

また、【Immersive Engineering】の【Garden Cloche】であればかなり速いペースで作物を収穫することも可能です。このModパックであれば【Garden Cloche】の方が効率よくアイテムを増やせます。

_ (2043)

【Mystical Agriculture】では作物から直接アイテムを入手することはできません。代わりに各種【Essence】を収穫することができ、このエッセンスをクラフトすることで素材に変換できます。そのため、自動クラフト機構を作っておくと便利です。

【Dye Essence】や【Nature Essence】のように、クラフトレシピを変えることで異なるアイテムを生産できるものも存在するため、よくレシピを確認しておきましょう。

③モンスタードロップを複製する

通常の資源とは異なり、モンスタードロップを複製するためには【Chunk】が必要です。先ずは【Chunk】を入手するための専用武器である【Soulium Dagger】か、【Tinkers' Construct】の乾式製錬炉で【Chunky】の効果が付いた武器を用意しましょう。

_ (2044)

今回は、基本である【Soulium Dagger】を作成します。
最初に【Soulstone】を精錬して【Soul Dust】に加工し、【Prudentium Essence】とクラフトして【Soulium Dust】を2つ作成します。

_ (2045)
_ (2039)
_ (2046)

次に【Soulium Dust】を精錬して【Soulium Ingot】をクラフトし、最後に【Mystical Stick】と合わせることで【Soulium Dagger】が完成します。何故か画像の通り左端に寄ったレシピでなければクラフトできません。

_ (2047)

【Soulium Dagger】で敵や動物にとどめを刺すと、確率で【Chunk】が入手できます。【Chunk】はMobによってドロップする確率が大きく異なるため、なかなか狙ったMobの【Chunk】を得ることは難しいです。

_ (2048)

そのため、余った【Chunk】は精錬して【Mob Chunk】にしてしまいましょう。

_ (2049)

また【Mob Chunk】にもそれぞれTierがあり、基本的にレアな敵程Tierが高くなります。【Mob Chunk】のTierはエッセンスで上げることができますが、Tierを下げることはできないため注意して下さい。

_ (2050)
_ (2051)

今回はウィザースケルトンの頭を生産できる【Wither Skeleton Seeds】を作成します。

_ (2052)

【Mystical Agriculture】でモンスターの頭を作る際は、中間素材として【Blank Skull】を使用します。こちらも【Wither Skeleton Essence】からの自動生産ラインを組んでおくと良いでしょう。

_ (2053)

更に、SevTech: Agesには【Mystical Agriculture】のアドオン【Mystical Agradditions】も導入されています。このアドオンはネザースターエンダードラゴンの卵といった最上位アイテムを量産できる反面、尋常でない量の【Inferium Essence】と特殊アイテム【Crux】が必要になります。

_ (2054)
_ (2055)

【Mystical Agradditions】の種は、対応した【Crux】が耕地ブロックの真下に設置されていないと成長しません。【Garden Cloche】で育てる場合は【Crux】を土ブロックの代わりに設置しましょう。

これでネザースターの量産体制も整いました。ネザースターは【Environmental Tech】におけるTier 5以降の【Structure Frame】で使うため、大量に用意しておきます。

Age 5の進捗を攻略する

_ (2056)

この段階では、【Creative Age】の進捗と【Who's the (final) Boss】以外の全ての進捗を達成することができます。【Creative Age】の進捗と比べればずっと簡単なものばかりですので、一気に片付けてしまいましょう。

_ (2059)

最初に、前回海王星から回収した【Neptune Zinc Ore】を精錬して【Zinc Ingot】を手に入れます。【Neptune Zinc Ore】は【Extra Planets】の中では珍しく【Orematic 5000】で倍化できる鉱石の一つです。

_ (2060)
_ (2061)
_ (2062)

【Zinc Ingot】は【Tier 4 Space Suit】を作るための材料として用います。この宇宙服は【Extra Planets】で最強の装備です。

_ (2063)

全ての宇宙服を作り終え、進捗【Sharpest Dressed Man】を達成しました。

_ (2064)

次に作成するアイテムは【Charger Tier Ⅲ】です。この機械はアイテムや装備を充電することができ、低コストながら【Ultimate Energy Cube】よりも速く充電ができます。

_ (2065)

【Charge it Up】の進捗も達成です。

_ (2066)
_ (2067)

ついでに【Wireless Charger】を作成して【Wireless Chargin】の進捗も達成します。この機械は一定範囲内のプレイヤーの所持アイテムを充電できるアイテムで、充電速度は【Aerial Interface】よりも遥かに速いです。拠点に設置しておくと便利かもしれません。

_ (2057)

続いて作成するアイテムは、【Applied Energistics 2】の重要アイテム【Sky Stone Block】です。中間素材である【Sky Stone】は【Metallurgic Infuser】を用いて【Cheese Curd】か【Cheese Ore】に【Refined Obsidian Dust】を注入することで完成します。

_ (2058)

進捗【Sky Stone】を達成しました。

_ (2068)
_ (2069)

次に作成するアイテムは【Iron Jetpacks】のジェットパック3種です。最初の【Electrum Jetpack】はそこまでコストが重くないため、先に作って機動力を確保するのも良いでしょう。

大量の中間素材を消費しますが、個々の部品はそこまで難しくありません。

_ (2070)

進捗【Electrum Jetpack】を達成しました。そのままの進捗名です。

_ (2072)

次に作成する【Diamond Jetpack】ですが、中間素材の【Advanced Coil】はなんと【Galgadrian Rod】を33本も消費します。後述の【Emerald Jetpack】も同量要求するため、【Galgadrian Metal】の消費もインゴット33個分になります。【Mystical Agriculture】の力を借りて生産体制を整えておきましょう。

_ (2073)

【Advanced Coil】以外のレシピは面倒な以外は問題ありません。

_ (2074)

同様に【Emerald Jetpack】も作成します。

_ (2075)

これでジェットパックの進捗もコンプリートです。

_ (2076)

Age 5の最後に作成するアイテムは【Paper Clip】、ただのクリップです。【Meteoric Iron Ingot】を【Metal Press】で加工すればすぐに完成します。

_ (2077)

【Universal Paperclip】の進捗を達成しました。この進捗は、とあるブラウザゲームのパロディのようです。元ネタと同じように、このModパックも狂気的な数のクリップを作ることになるのでしょうか。

五つのクリエイティブアイテムを確認する

_ (2078)

これで、Age 5のタブに残された進捗はあと8つになります。ここまで来てようやく終わりの始まり、ラスボスを倒すためのスタート地点に立てたといえるでしょう。

_ (2079)

先ずは最後の作業台である【Ultimate Crafting Table】を作成します。
これ自体の作成はそこまで難しくありません。

_ (2080)

【Ultimate Crafting Table】の進捗達成と同時に、最後の時代であるCreative Ageに到達しました。ここから先は、本来製作不可能な5つのクリエイティブアイテムを作り上げることが目標になります。気を引き締めていきましょう。

_ (2081)

一つ目のクリエイティブアイテムは【Creative Modifier】です。
このアイテムはクリエイティブアイテムの中では一番簡単ですが、それでも各アイテムを10000個圧縮して作るシンギュラリティを4つも要求します。肩慣らしと今後の攻略への地盤固めにはちょうど良いでしょうか。

_ (2082)

二つ目のクリエイティブアイテムは【Creative Fluid Tank】です。
中に入れた液体が無限になる強力なアイテムですが、4万を軽く超えるガラスと大量の【Blood Tank】を圧縮して作る【Blood Tank Tier 10】が、そしておやつ感覚で【Enhanced Galgadrian Metal】が要求されます。今まであまり触れていなかった【Blood Magic】を再び進める必要がありそうです。

_ (2082)

三つ目のクリエイティブアイテムは【Creative Energy Cube】です。
無限のエネルギーを持つ【Creative Energy Cube】があれば、二度とエネルギーに困ることはなくなりますが、今まで見たこともないようなアイテムを多数要求されます。当然の権利のように最上位の【Solar Array Controller Tier 6】や【Ultimate Furnace】が材料に入っていますが、一番厄介なのは新規生産ラインを作らなければならない【Basic Induction Cell】でしょう。ただし、その対価に釣り合うだけの性能はあります。

_ (2084)

四つ目のクリエイティブアイテムは【Creative Compressor】です。
このクリエイティブアイテムのレシピは周囲のキラキラ光る宝石類に目を奪われがちですが、真に厄介なのは中央の【8x Compressed Cobblestone】です。これは【Quantum Compressor】を用いて9^8個圧縮した丸石で、天文学的な数の丸石を要求されます。SevTech: Agesにはまともな丸石製造機が無い以上、【Builder】を持ち出して世界をY=1にする覚悟を決める必要がありそうです。

_ (2085)

五つ目のクリエイティブアイテムは【Creative Jetpack】です。
レシピに隙間があって易しいかと思いきや、紫色のアイテムはUltimate Crafting Tableで作成する必要があります。

_ (2086)
_ (2087)

それぞれの素材もやはり一筋縄ではいきません。まだまだ先は長そうです。

_ (2089)
_ (2088)

そして、全てのクリエイティブアイテムで中間素材として使う【The Ultimate Ingot】はほぼ全てのインゴットを、ラスボスの召喚に必要な【The Ultimate Singularity】は全てのシンギュラリティを必要とします。最早乾いた笑いしか出てきませんが、諦める訳にはいきません。


次回はクリエイティブアイテムを攻略するために、必要な資源の生産施設を作ります。