時代と共に成長するModパック【SevTech: Ages】を攻略していきます。

_ (2185)

前回は冥王星と準惑星エリスを探索した所まで進めました。今回は、いよいよ【Extra Planets】最後の惑星【Kepler 22b】に旅立ちます。

Kepler 22bへ旅立つ

_ (2173)

先ずはエリスで入手した【Eris Dark Iron Ore】を精錬して【Dark Iron Ingot】を用意します。

_ (2174)
_ (2175)

【Dark Iron Ingot】は最後の【Heavy Duty Plate】の材料になります。

_ (2176)

続いてTier 10のロケットの材料を作成していきます。

_ (2177)

完成しました。一応もう一段階上のロケットも存在しますが、このロケットさえあれば実装されている全ての天体を探索することが可能です。

_ (2178)

プレイヤーと同程度の大きさだったロケットも、最後には随分と大きくなりました。
準備を終えたら、最後の惑星に旅立ちましょう。

夢のダイヤモンドバイオーム

_ (2179)

【Kepler 22b】は、ハピタブルゾーンを公転していると考えられている太陽系外惑星の一つです。重力は地球よりもやや弱く、自転速度は地球と同じです。

非常に遠い惑星であるため、到達には最上位のロケットを必要とします。

_ (2180)

マイクラにおける【Kepler 22b】には十分な空気が存在するため、パラシュートで降下します。探査機を使わない降下は地球以来です。

_ (2181)

【Kepler 22b】は、今までの天体と大きく異なり、豊かな木々と独特な色の大地が広がります。カラフルさでは海王星にも負けていませんが、まともな生物が生息している星は久しぶりです。

_ (2182)

そして、生物が生きていけるということは呼吸ができるということです。【Kepler 22b】は、地球を除くと唯一何もしなくても呼吸が可能な星になります。

_ (2183)

水色の木に近づいてみると、なんとダイヤモンドのブロックでした。【Kepler 22b】には、貴重なダイヤモンドブロックの木や鉱石の塊が大量に生成されるため、バニラ資源に限ればほぼ困らなくなります。

_ (2184)

更にこの星には、羊や牛といった地球と同一の動物が生息しています。

_ (2186)

【Kepler 22b】にある木々は、色や形がユニークなものが多いです。
建築に使えるかもしれません。

_ (2187)

更に探索を進めていると、ベッドのある東屋を発見しました。
ただし、ここで眠るのは危険です。

_ (2188)

一応【Kepler 22b】も宇宙であるため、ベッドを使用すると大爆発を引き起こします。危ない所でした。

_ (2189)

今度はあからさまな感圧板のある建造物を発見しました。

_ (2190)

ここには、なんと【Nuclear Bomb】が設置されています。スライムの塊に仕込まれていた土星と異なり、こちらは普通に爆発するため危険です。

_ (2191)

爆発範囲は半径20-30ブロック程にもなり、宇宙服の高い防御性能をもってしても死ぬリスクがあります。全力で離れればぎりぎり生き延びることができるため、万一起爆してしまったら急いで逃げて下さい。

_ (2192)

リスポーン地点は当然ながら【Kepler 22b】のものになります。幸いにして食料や空気は潤沢にあるため、餓死や窒息によるリスキルは起こらないでしょう。

_ (2193)

ひどい爆発です。

_ (2195)

【Kepler 22b】には、まるでメルヘンの国のようなお菓子のバイオームが生成されます。残念ながら食べられる箇所はバニラのケーキくらいと非常に少ないですが、圧倒される景色は一見の価値があります。

_ (2197)

中にはチョコレートの泉もあります。残念ながら【Basic Densifier】のレシピが存在しないため、このModパックでは固めて食べることはできません。

_ (2198)

また、極稀にクッキーの山が生成されることがあります。メタデータが異なるため【Singularity】にはできませんが、一応食べることは可能です。

_ (2196)

また、場所によっては【Infected Water】の池が生成されます。
こちらは有害な液体であることに注意して下さい。

_ (2194)

この星の地下には、様々な鉱石が生成されます。今回は鉄鉱石と銅鉱石も持ち帰ります。

_ (2199)

画像の【Dense Coal Ore】は、一見石炭を採掘できそうですが、残念ながら石炭を回収するレシピは存在しないようです。

_ (2200)

一方、画像の明るい鉱石【Kelper 22 Red Diamond Ore】は粉砕すると【Red Diamond】を入手できます。【Red Diamond】はツールの素材になります。全部で5種類のダイヤモンドがあるため、集めてみても良いかもしれません。

_ (2201)

最後に、【Kepler 22b】の風景を目に焼き付けて地球に帰ります。楽しい場所でした。

Kepler 22bのレシピ改変

_ (2202)

このModパックでは、【Kepler 22b】の鉱石に【Astral Sorcery】の光を当てることで、別の鉱石に変化させることが可能です。

【Kepler 22b Iron Ore】は【Inferium Ore】に、【Kepler 22b Copper Ore】は貴重な【Prosperity Ore】に変化します。【Prosperity Ore】の量産が容易になるため、【Mystical Agriculture】でのアイテム量産化が捗ります。


次回は再び【The Betweenlands】に赴き、新たなダンジョンを攻略します。