時代と共に成長するModパック【SevTech: Ages】を攻略していきます。

_ (1053)

前回は長い時間をかけてアイテムを収集し、Age 2を代表する博物館を建築しました。今回からはいよいよAge 3に突入し、産業革命に向けて鉱石等を採掘していきます。

新たな鉱石を採掘する

_ (1015)

最初に産業革命の第一歩である【Coal Engine】を作成するために、各種材料を集めていきます。【Steeleaf Rod】は【Steeleaf】を2回【Stone Anvil】で加工すれば入手できます。

乾式製錬炉でも作成できるため、好みの方法を使いましょう。

_ (1016)

【Seared Furnace Controller】はレシピ改変によって【Crimson Middle Gem】が要求されるようになっています。

_ (1017)

金床・粘着ピストン・ガストの涙・【Carminite Reactor】は黄昏の森で入手済み、【Cauldron】・【Gold Chest】は既に作成済みです。【Fiery Gear】は乾式製錬炉で鋳造する必要がありますが、【Fiery Ingot】が不足する場合は遠征してボスを討伐するか、以前作成したFiery装備を溶かしてしまいましょう。

テーブルは【Celestial Altar】以上であれば問題ありません。

_ (1018)

【Coal Engine】を入手することで、ようやくAge 3に時代が進みました。
この時代からは【Immersive Engineering】などの工業Modが解放されます。

_ (1019)

追加されたタブを見ていると、恐ろしい進捗を発見してしまいました。
今は見なかったことにして、先に進みましょう。

_ (1020)

すぐにでも鉱石を採掘したい所ですが、先にこの時代から解放される【Modifier】を付与しておきます。今回追加された鉱石の大半には効果を発揮できませんが、忘れないうちに【Luck】を付けておきましょう。

_ (1021)

さらに、新たな鉱石を探知できるように【Ore Prospector】も作成します。

_ (1022)

既に条件を達成していたためか、同時に3つの進捗を達成しました。
【Sound Muffler】は前回作成した【Super Sound Muffler】の作成で達成できます。

早速周囲を探索して、新しい【Sample】を探しに行きましょう。

①Bauxite

_ (1023)

【Bauxite】は【Aluminium】の原料となる鉱石で、Y45~70の比較的浅い層に存在します。需要に対して鉱脈の大きさ・量共に豊富ですので、鉱石不足に困ることはあまりありません。

_ (1025)

鉱石はクリーム色に近い色合いをしています。

②Cinnabar

_ (1026)

【Cinnabar】からはレッドストーンを入手できます。レッドストーン回路はもとより、合金や機械の中間素材として大量に要求されるため多めに確保しておきましょう。

_ (1027)
_ (1028)

鉱脈はY5~12とバニラ同様深い位置に存在します。

ちなみにこのバージョンのSevTech: Agesでは、鉱脈の鉱石がバニラのものに変化しています。【Mineralis】の【Attuned Crystal】と【Ritual Pedestal】で生成した鉱石はきちんと【Cinnabar】になっているのですが、謎です。

③Limonite

_ (1029)

続いて発見した鉱石は【Limonite】です。やや薄い黄色をしているため、遠目では金鉱石と判別がつきにくいかもしれません。

_ (1030)

この鉱石からは鉄とニッケルが産出します。鉄とニッケルのドロップ比は体感3:1前後ですので、鉱脈サイズと比べてニッケルが集まりにくいことに注意して下さい。

④Galena

_ (1031)

【Galena】は青みがかった灰色の鉱石で、採掘すると鉛または銀をドロップします。

_ (1033)

鉱脈はそれなりに大きく、Y16~50の位置に存在します。大量に使うものではないため、よほど偏った使い方をしない限り枯渇を心配する必要はありません。

⑤Platinum

_ (1034)

最後に紹介する鉱石は【Platinum】です。【Mantle of Stars】の光で見えにくいですが、白っぽい色をしています。

_ (1032)

鉱脈はY3~25に位置しますが、生成頻度とサイズは控えめです。このModパックでは特にダイヤモンドの代替品として要求されることが多いため、鉱脈一つでは鉱石が不足するかもしれません。

ネザーでアイテムを集める

_ (1036)

ある程度鉱石を集めたら、次はAge 3で解放されたネザーに行きましょう。SevTech: Agesでは、サバンナや砂漠に天然のネザーゲートが生成されます。

黒曜石は今まで【Besalt】に擬装されていたため、ネザーゲートとは気づきませんでした。

_ (1037)

家の裏にゲートを作成しました。当然ではありますが、黒曜石を採掘するためにはMining LevelがObsidian以上のツルハシが必要です。

*注意*
このModパックでは、稀にネザーゲートの近くで【Nethergrowth】が生成されるようです。このブロックは破壊時や設置時に確率で周囲のブロックを浸食して【Nethergrowth】にするほか、時間経過でネザーラックに変化することが確認されました。詳しい情報は不明なため、何かご存知の方がいらっしゃいましたらご教示お願いします。

_ (1038)

ネザーに突入すると、進捗【Enter the Nether】を達成できます。

_ (1039)

SevTech: Agesのネザーは【NetherEx】というModによって大きく変化しています。危険度が上がっていますが、飛行手段が確立している今であれば問題ありません。

_ (1040)

この蜘蛛は【Heatscar Spider】で、巨大な母蜘蛛を倒すと小さな子蜘蛛がスポーンします。

_ (1041)

ネザーのあちこちに生えている【Thornstalk】は触れるとダメージを受けます。敵がいない場所で突然ダメージを受けた場合は、これが原因であることが多いです。

_ (1042)

歯車のような敵、【Spinout】を発見しました。回転時は弓矢の攻撃が通用しないことを除けば、そこまで強い敵ではありません。

_ (1043)

【Arctic Abyss】に足を踏み入れると、進捗【The Nether Has Frozen Over】を達成しました。このバイオームも【NetherEx】で追加されたもので、氷に覆われた珍しいバイオームです。

_ (1051)

ちなみに、進捗とは関係ありませんが【Arctic Abyss】では【Nether Rime Ore】が生成されます。鉱石から得られる【Nether Rime Crystal】はポーションの素材になる他、青い炎を点火する【Rime and Steel】の材料にもなります。

_ (1048)
_ (1049)

さらに探索を進めていると、ネザー要塞とは別の建物を発見しました。
ここにはガストのモンスタースポナーが4つもあったため、後ほど回収してガストの涙集めに利用します。

_ (1050)

ようやくネザー要塞を発見しました。ここではネザーレンガ・ブレイズパウダー・そしてネザーウォートの確保が目的です。

_ (1052)

このModパックでは、ブレイズから入手できるアイテムがブレイズパウダーに変更されています。ロッドに戻すためには工業を進めなければなりません。

_ (1053)

ネザーウォートも回収できました。
画面中央のエフェクトはソウルサンドから発生した物です。

_ (1054)

次に回収するアイテムは【Nether Amethyst Crystal】ですが、先に見慣れないMobを発見しました。名前は【Salamander】で、赤と黒の2種類がいるようです。

_ (1055)

倒すと【Black Salamander Hide】をドロップしました。集めることで専用の革装備が作成できるようです。

_ (1056)

Age 3からはグロウストーンも解禁されます。ついでに集めておきましょう。

_ (1057)

ネザーに変化をもたらすのは【NetherEx】だけではありません。これは【Quark】というModで追加されるアイテムで、黄昏の森の【Smoking Block】のように煙を出すようです。

_ (1058)

次に遭遇したMobは【Ovis Atre】で、羊のように毛を刈ることができます。毛は精錬することで羊毛2個に変化するのですが、草を食べたときに土を変質させてしまうようです。

自動化を組むのは少し大変ですが、何か役に立つかもしれません。

_ (1059)

探索を続けていると、大量のマグマブロックを発見しました。これは【Astral Sorcery】の力で溶岩や黒曜石に変化させることができるため、いくつか確保しておくと便利です。

_ (1060)

通常のネザーバイオームで、ようやく【Nether Amethyst Ore】を発見しました。基本的に1ブロック単体で生成される上、生成率がかなり低いため確保が大変です。

幸いにも幸運で増やせること、【Infused Crystal Pickaxeで探知できることを覚えておくとかなり楽になれます。

_ (1062)

【Nether Amethyst Ore】の進捗を入手しました。そのままの名前です。

_ (1061)

ネザーの鉱石を採掘していると、稀に【Nethermite】というエンダーマイトに似た敵がスポーンします。最初はびっくりしましたが、いると分かれば怖くはありません。

おまけ・ネザーウォートの育て方

_ (1063)

このModパックでは、ネザーウォートをソウルサンドの上に置くことができません。ネザーウォートを栽培するためには、【Golden Wither Bone Hoe】でソウルサンドを耕す必要があります。

_ (1064)

【Nether Tool】の進捗を達成しました。早速耕しに向かいましょう。

_ (1065)

ソウルサンドを耕すと【Tilled Soul Sand】に変化し、ネザーウォートを植えられるようになります。この状態であれば【Watering Can】による加速が有効です。


次回は収集したアイテムを使って【Immersive Enginnering】を進め、念願の工業化を果たします。